大相撲ののぼり

のぼりを知る

のぼりといえば、大相撲の会場前にはためく「相撲のぼり」を思うかべる人も多いでしょう。この相撲のぼりは、様々な縁起担ぎのしきたりや様式により作られています。

大相撲ののぼり

のぼりといえば、色とりどりののぼりが国技館前にならぶ風景を思い浮かべる方が多いかもしれません。

色鮮やかなのぼりが風にはためく様は、会場に向かう相撲ファン達の気分を、いやがおうにも盛り上げてくれます。

「相撲のぼり」と呼ばれるこののぼりには、力士の四股名が独特の書体で書かれていますが、下から見た時にも読みやすいように、文字の配分を上は大きく、下は小さくというような工夫がされているのです。

書かれる名前は、力士の四股名に限らず、部屋名や行司の名前のものもあります。

縁起ものとして、本場所ごとに新調されるのですが、製作工程は全て手作業でなされため、その価格も高額となります。

この相撲のぼりの代金を支払うのは、勧進元と呼ばれるひいき筋です。

黒星に繋がる「黒色」を用いない、勧進元の名前は商売の赤字に繋がる「赤色」を用いてはならないなど、様式や縁起担ぎを重んじる様々なしきたりがあるため、のぼりは全て、相撲のぼりのノウハウを持つ工房へ、一括で発注されているのだそうです。

素材は木綿で作られ、基本的なサイズは、横幅90センチ、立て幅540センチとなっています。

サイズを数字で見ると、改めて相撲のぼりの大きさが実感できますね。

*のぼりにかんするあれこれ書いてあります。
インテリアとしてののぼり

のぼりを知る Copyright (C) www.cabaretekiteschool.com. All Rights Reserved.