のぼりの起源

のぼりを知る

のぼりの起源は、室町時代にまで遡り、戦場で戦う武士の必須アイテムでした。敵味方の識別や軍力の誇示を目的として用いられました。

のぼりの起源

お店の店頭やイベント会場などでみかけるのぼりの起源は、室町時代にまで遡り、戦場で戦う武士の必須アイテムでした。

縦長の長方形の布を風になびかせる流れ旗は、平安時代から用いられ、敵味方の識別をすると同時に、その象徴とされてきましたが、その後室町時代に入ると、同族間での闘争が増え、流れ旗だけでは、敵味方の識別がし辛いという問題が生じました。

そこで、新たに発案されたのが、流れ旗を竿に固定し、識別をし易くした「幟(のぼり)」です。

この「のぼり」が現代の「のぼり」に受け継がれています。

当時ののぼりは、現在の様な科学繊維はありませんから、綿や絹の織物が使われていました。

布の大きさには、標準的なサイズがあったようですが、それぞれの軍において、伝統や流儀がある場合もあり、一律ではなかったようです。

布を通した竿は、漆塗りの樫や竹が使われ、千段巻きと呼ばれる紐巻きが施されていました。

当時ののぼりは、旗の留め方によって区別され、旗に乳と呼ばれた布の輪を取りつけ、そこに竿を通す乳付旗と、竿に接する部分の旗布を袋状にし、そこに竿を通し固定する縫含旗とに分けられました。

丈夫さでは旗と竿の接着部分が多い縫含旗に軍配があがるとされています。

のぼりを知る Copyright (C) www.cabaretekiteschool.com. All Rights Reserved.